"世界的に見ても日本の賃貸物件の数は多い方であり、シーズンで無い時には多くの物件から選ぶことが出来ます。
ただし引越しシーズンとなってしまいますと、逆に良い物件と出会えなくなってしまうのでタイミングが非常に重要なのです。賃貸物件に住んだ時に毎月支払うのは家賃だけに限ったことではありません。
家賃だけに囚われすぎてしまうと、その他管理費や駐車料金などの存在を忘れがちですので、総支払額を考慮して物件探しをすることが大切です。

 

家賃を設定する時には毎月の収入の3分の1以下に抑えるのが目安となっています。
当然のことですが、家賃が高くなればなるほどその分初期費用として支払う金額が高くなってくることを忘れてはいけません。

 

物件探しでは広さや部屋数はあまりこだわらない方が確かに探しやすくなりますが、荷物が入らなかったでは意味がありません。
今現在利用をしている家具などをそのまま引越しする場合には、その家具を搬入することが出来るかどうかをメジャーなどを使用して計測しておきましょう。"



設定家賃は収入の3分の1以下に抑えようブログ:17-10-18

減量するとき、
適度に体操することが大切!なんですが…

普段体操をしない人にとっては、
無茶な条件という風に思うかもしれません。

しかし
体操をしなければならないのには
ちゃんとした理由があるんですよね。

減量期間を抜け出せば、
普通の食生活に戻すこととなります。
普通の食べる事に戻すと、
再び体重が元の状態に戻ってしまうイメージってありませんか?

確かに減量前の食べる事量に戻してしまうと、
摂取カロリーが増えます。
ですから、そのままにしておくと、
再び体重が増加してしまう可能性は高まります。

減量後に食べる事をある程度の量に戻しても、
なかなか体重が増えないようにするために
適度な体操が必要なんです。

体操をすれば、おのずと筋肉がついてきます。
この筋肉が、体重のリバウンド対策にはどうしても必要なんです。

筋肉は、あたくしたちの身体の中で最もカロリーを使う部分です。
ですから日常の動きを、
筋肉の量の多い人と少ない人が同じようにやったとしても、
使われるカロリーの量に差が出てくるわけです。

減量期間中に、
適度な体操を習慣にしていれば、筋肉の量が増えていきます。
このため、たとえ昔食べていた食べる事の量にまで戻したとしても、
筋肉が消費してくれますから、
すぐに体重がリバウンドするということを防ぐことができるんです。

ところが、
ただ単に食べる事制限だけで減量をした場合には、
筋肉の量が増えていません。

逆に入ってくるカロリーの量が減ったことによって、
カロリーを無駄に使う筋肉を減らそうとします。
ですからむしろ、筋肉は前よりも減っている可能性があります。

このような事情から、
減量には適度な運動が大切!なのです。


このページの先頭へ戻る