賃貸契約の前に大家さん自身が審査ブログ:13-11-19


平成11年3月、
実家の父親からあたしの携帯の留守番電話サービスに
メッセージが残されていた。

「お母ちゃんが病気です。すぐ連絡下さい。」

二日後には
大阪ドーム近くの病院のママの病室にあたしは居た。
あたしが着くなり、主治医から「大腸がんです」と告げられた。

あたしは仕事を休み、父親と一緒に日々見舞いに行った。
父親は、「なぁに、大したことないやろ。大丈夫や。大丈夫。」と、
あたしに聞かせるでもなく、自身に何度もそう言い聞かせていた。

7日間後、患部の切除手術が行われた。
関西に住む親戚はみんな集まっていた。
3時間がとても長く、冷たく感じられた。

「幸いにも転移が見られません。もう大丈夫と思われます。」
という主治医の宣言に顔をくしゃくしゃにして喜ぶ父親の顔。
そんな顔で喜ぶところを見たことがないので今も記憶に生々しい。

その父親も75歳になった平成17年9月に大腸がんで倒れた。
長い間の看病疲れがたたり、ママも同時に入院することになってしまった。

平成14年11月から実家に戻って、
買い物など手伝っていたあたしに、
一気に世話の負担が圧し掛かってきた。

ママが倒れてから11年…
共にがん病巣を肉体に抱えながら、夫婦で声掛け合って、
そして最大限労わり合って
今日までなんとか3人無事に生きながらえている。

主治医も不思議がっていたのは、
父親がレベル4の末期の肝臓がんであるのに、
みぞおちを押さえても少しも痛がらない事だ。

そういえば、2人とも抗がん剤や放射線治療は一度も受けていない。
否、本人たちが断固として受けるのをずっと拒んでいる。

「気分はどない?」「しんどないか?」
そこには実の息子でさえ入り込めない独特の世界観が確かにある。


脱毛 新潟
http://datumou-chihou.com/niigata/