"地方ならまだしも、東京や大阪などといった都会では、家賃の高さからどうしても妥協をしなければいけないことがあります。
しかし良い不動産屋と出会うことによって、驚きの家賃で素晴らしい賃貸と出会うことも出来るのです。引越しを業者に依頼しようと考えているのでしたら、早めに見積もりをもらうようにしましょう。
退去をすることを管理会社や大家さんに伝え、また電気やガスなどといったライフラインも手続きも早目に行なっておきましょう。

 

引越しをする時には使わないものから早めに片付けていくようにしましょう。
引越しをする時にゴミを持っていくワケにはいきませんので、指定された日にしっかりとゴミ出しをしておき綺麗な状態で引越しをすることが大切です。

 

貴重品や掃除用具などのすぐ使うものは業者に頼らずに自分で行いましょう。
どんなに小さな荷物でも退去をする部屋や新居に傷を付けてしまうこともあるので、注意をしながら素早く作業を進めていくようにしましょう。"



失敗をしない上手に引越しをするポイントブログ:17-10-03

おれは「クリスマス・ボックス」という本が大好きです。

この本を買ったのは、
もう10年以上前のこと…

千歳の大きな書店で
クリスマスシーズンに向けて、
目立つ場所にドドーンと山済積みにされていました。

厚さも大したことは無く
読みやすそうだな…と軽い気持で買いました。

あらすじは…

若いお父さんであり、駆け出しの自営業者である「おれ」と
その嫁、幼いムスメの3人が、
街の大きな館に1人で住む老婦人のもとへ引っ越してきます。

表向きは
老婦人の身の回りの世話をする為に雇われたのですが、
実際のところ彼女は「家族」が欲しくて彼らを雇ったようです。

この上品で優しい老婦人には秘密がありました。
この秘密が解き明かさると共に、
「おれ」は人生で大切なもの、
危うく自分が失いかけていた「宝物」に気づくのです。

この物語のテーマは「愛」です。
やさしく深い親の「愛」です。

この物語の中で、
老婦人が「おれ」にする質問
この世で最初のクリスマスの贈り物は何だと思う?
この質問の答えこそ、この物語を貫くテーマです。
そして、その深い愛に触れた時、おれは涙が止まりませんでした。

当時のおれは幼い頃から、
自分はこの世に生きていてよいのだろうか? 
そんな思いがとても強かったのです。

家族はバラバラでしたし、お父さんは今も行方不明…
その家族に背を向けて生きていましたから。
家族が大嫌いだったのです。

おれは何の為に生まれてきたのだろうか?
生きていていいのだろうか?

そんな思いを心の底に押し込めながら、
表面上、おれは明るく振る舞っていました。

しかし、この物語を読んだ時、
この本に貫かれている思いがおれの心の中に浸透していき、
奥底に隠していたものに優しく触れたのです。


このページの先頭へ戻る