最初に不動産屋へ問い合わせブログ:15-3-23


よく「お酒は減量中は控えたほうがいい」
という話を聞きますよね。

理由としてよく言われているのが、
お酒はカロリーが高いから
減量の妨げになるということです。

確かに、お酒にもカロリーはありますから、
あながち間違いではありません。

しかしそれよりも
お酒が減量中によくない理由があるんです。

お酒をからだの中に入れることによって、
肝臓をはじめとするからだのありとあらゆる器官が、
アルコールを分解し、排出するための体制に集中をする傾向があります。

ある意味そのくらいアルコールは、
からだのエネルギーを集中させないと
分解、排出することができないともいえます。

でもからだには、他にもいろいろな役割があります。

ご飯の中の栄養分から、
筋肉などのからだの材料を作ったり、
カロリーを消費したりということがあります。

ところがお酒を飲むことによって、
からだの他の作業が一旦ストップしてしまうのです。

筋肉を作ることができなくなると、
カロリーを消費するすべを失います。
ですから、結果的には
お酒によって減量の進行を食い止めてしまう形になります。

なので、
減量中、お酒はできるだけ控えたほうがいいでしょう。

もしどうしても禁酒が難しいというなら、
飲むお酒の量ではなく、
お酒を飲む回数を減らすことを心がけましょう!

一切お酒を飲まない日を設定することによって、
からだがアルコールの分解に気をとられることがなくなります。

そのため、減量に集中することができるのです。